1. TOP
  2. 環境・資源科学研究所

環境・資源科学研究所

falco / Pixabay
神本 正行

環境・資源科学研究所
所長 神本正行(かみもと・まさゆき)

弘前大学学長特別補佐、科学技術振興機構地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)低炭素領域研究主幹、再生可能エネルギー協議会副理事長、産業技術総合研究所名誉リサーチャー、日本工学アカデミー会員等。専門はエネルギー技術。


メッセージ

2015年に開催された国連気候変動枠組条約締約国会議COP21において、2020年以降の温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」が採択されました。
この協定が画期的と言われる理由の一つは、196ヵ国・地域が参加して採択されたことです。地球規模の課題も、国・地域レベルでの取り組みが不可欠なのです。
環境問題は資源問題、エネルギー問題と強く関わっています。環境・資源科学研究所では、ホームページと講演会を通じ、これらについて情報発信してまいりました。
すでに紹介した技術動向や事例を改めてみてみると、新しい技術はもちろん、既存技術や身近な技術の組み合わせによっても、イノベーションに結び付くヒントがまだまだ存在するような気がします。
これらの課題に向き合うことから、地域創生や産業創成、雇用創出にもつながる提言や情報発信に努めていきたいと考えています。

プロフィール

1975年 東京大学工学系研究科博士課程修了 ノースウェスタン大学客員研究員を経て
1977年 電子技術総合研究所に入所 同所エネルギー部長、同所次長、ならびに産業技術総合研究所研究コーディネータ(環境・エネルギー担当)、関西センター所長を経て
2010年 弘前大学教授・北日本新エネルギー研究所長
2013年 弘前大学 学長特別補佐

現在、弘前大学学長特別補佐、科学技術振興機構地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)低炭素領域研究主幹、再生可能エネルギー協議会副理事長、産業技術総合研究所名誉リサーチャー、日本工学アカデミー会員等。専門はエネルギー技術。

その他

日本工学アカデミー会員、産業技術総合研究所特別顧問、新エネルギー財団理事、再生可能エネルギー協議会副代表、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)WG3(暖和技術)特別報告書(再生可能エネルギー)代表執筆者等

環境・資源科学研究所 メンバー

三宅 淳一 Cmjエンジニアリングサービス代表
元㈱JPハイテック発変電事業本部 中部カンパニー カンパニー長
佐村 秀夫 TAインターナショナル㈱取締役 / 元(財)日本産業技術振興協会 専務理事
有村 隆志 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター 上級主任研究員

環境・資源科学研究所の記事一覧